ひかり カ リ カリ

こころの奥にあるひかり




a0031338_23485764.jpg


      大げさに言うと

      生きることにくじけそうになったとき

      その心を、わたしのいのちを、ささえている

      宝石たちのかがやき












たとえば 小さいころに住んでいた小さな島
あっちに行ったら山でこっちに行ったら海
海までの下り坂、犬におっかけられたことや
夏休みの田舎のじーちゃんち
いつも行くプールより深いプールのこと
水中のあわにひかりがあたったときのきらきら
空がうんと広かった高校のグランドの気持ちよさや
吹きあれる風が結構すきだったこと
沖縄の海辺でみた流星群のはじっこや
食べる生きるしゃべる、のすごさの実感
人生がおわるかとおもった次の日の燦燦とかがやく砂浜の白と海の青

つまり宝石=記憶なのです

びっくりするくらいの奇跡の瞬間の数々

とくべつなわたしになりたいと思っていたけど
生きている限りわたしだけの特別な“記憶”が
ふえつづける

映画とか漫画でよく(?)ある
宝箱にあふれかえった財宝が
たぶんわたしの心の奥にも存在している

ふと、あぁ もうなんにも求めなくていい。とおもった
肩のチカラがぬけた気がする
すっきり

それに気づけたことが26歳でイチバンのこと



a0031338_23484739.jpg

[PR]
by wonderxcandy | 2009-01-16 21:29 | 写真とことば